古地図をみる

トップページにもどる

2万分の1地形図 内藤新宿


内藤新宿

 陸軍参謀本部陸地測量部制作・刊行、明治13年から測量開始、目黒地域は、初版が13・14年測量、18年製版 縮刷は2万分1 等高線は5m単位、無彩色 45×57cm (「2万分の1地形図」の説明は、隣のコーナー「よく使われる資料から調べる-目黒に関する地図の紹介」をご覧ください)

 日本で最初の日本国内全土を対象とした、近代的手法で作成した基本地図、縮尺は2万分1、「内藤新宿」「二子村」しての2枚で目黒区をカバーしています。正式な測量に先立って、簡略な方法で測量して明治13年から明治19年にかけて作成された地図を、「迅速測図」と呼びます。その後、正式な測量に基づく、「正式2万分の1地形図」の作成がなされました。なお、陸地測量部は、現在の国土地理院の前身です。

 この画像は、明治24年修正再版を使用しています。
 この地図は複製も含め数種あり、館外貸出可能のものは書誌番号B11928970など
   (参考文献:「世界大百科事典」平凡社、2001年版、「日本大百科事典」小学館 1989年版)